Toss Game 2010/05/15

準備

  1. 絵カードを復習し、床の上に表にして間隔をおいて並べます。
  2. ポーカーチップを選び、チームの色を決めます。

遊び方

  1. 最初のプレーヤーは自分のチームの色のポーカーチップを持ってカードから少し離れたところに立ちます。
  2. 先生は単語を発音します。生徒はポーカーチップをそのカードの上にのるように投げます。正しいカードの上にのることができたチームの得点になります。
  3. 次のプレーヤーと交代して続けます。全員が終えたら終了し、合計点を数えます。

注意

  1. 背の高い生徒は目的のカードの真上からチップを落とすことがあります。絵カードと生徒の立つ位置は背の高さによって遠くしたり、近くしたりします。生徒の立つ位置をひもやビニールテープなどで印をして明かにしておくとよいでしょう。
  2. ポーカーチップはころがりやすいので、ねらいを定めて投げても思ったところにいかないのがこのゲームのおもしろさですが、低学年はポーカーチップの代わりにお手玉や輪投げを使うと、カードの上にのる確率が高くなり、生徒が満足感を味わえます。

応用

  1. 投げたポーカーチップやお手玉が偶然にのった絵を生徒が発音する方が、さらに簡単です。この方法は生徒が発話するスピーキングのゲームになります。
  2. 絵カードの代わりに単語カードを使うと読みの練習になります。
  3. 人数が少ない場合は、全員が違う色のチップを持ち、一人ずつ順番に投げてもよいでしょう。