横ビンゴ・ゲーム 2010/05/15

遊び方

  1. 5、6語から8語くらいの少ない数の単語を教えた時に遊びます。生徒は絵カードを表にして、好きな順番に横一列に並べます。生徒は先生がコールしたカードを裏に返します。
  2. 何回かコールし、カードが3枚並んで裏になったときに生徒は「ビンゴ」と言います。誰か一人がビンゴになったら、lゲームが終了です。裏になっているカードがコールされたものであることを確認した後、おはじきかポーカーチップなどを与えて得点とします。
  3. 生徒全員がカードを切り直して並べ、2回目に入ります。このようにして何回か繰り返して遊びます。
  4. 数が導入済みであれば、おはじきの数を全員が英語で数えます。たくさん持っていた生徒が勝ちます。

注意

先生が絵カードをコールするときは、生徒の注意を充分引きつけておいてから、1度だけ大きな声でコールします。生徒は自分の耳で聞いたことをたよりにして、カードを裏返します。注意散漫で聞いていない生徒がいたときや、聞き取れなかったときはもう一度コールします。ほぼ全員がカードを裏返した後に、絵カードを見せて生徒に確認させます。その後、次の絵カードをコールします。

応用

絵カードの代わりにアルファベットカード、数字カードなどでも遊べます。文字学習が進んだクラスには単語を書いたカード使ってもよいでしょう。