Point, Touch, and Take 2010/05/15

遊び方

  1. 机の上に30センチ位の間隔を開けて品物を縦一列に並べて置きます。生徒は机の両わきに立ちます。
  2. 先生は"Point to the apple."と言つて、りんごを指でさします。生徒もこれを見て、全員でappleを指さします。次に品物を変えて言い、すべての品物をさらいます。
  3. "Touch the peach."と言って、touchの意味を教え、生徒は言われた品物に触れます。
  4. 次に"Take the banana."と言って、takeの意味を教えます。
  5. 最後は、point to, touch, takeの3つの動詞を混ぜて指示を出し、3つの動詞の意味をわからせます。

注意

Takeの指示の時は、生徒一人だけが品物を手にすることができるので、競争心が強いクラスや、動作が遅い生徒がいる場合は、チームに分けて、2人の生徒がプレイするようにします。

応用

(とくにありません)