Yes No Game 2010/05/15

遊び方

  1. 復習したい単語の絵カードを手に持ち、"This is a bear." か "I have a bear."などのように言います。
  2. 生徒はこれを聞いて、あっていれば両腕を上にあげて大きな丸を作ります。間違っていれば、腕を大きく交差させて×を作ります。

注意

 

応用

  1. ○と×のペープサートやカードを使ってチーム対抗でも遊べます。
  2. 大きな部屋では、YESとNOの椅子を用意して、チーム対抗で遊んでもよいでしょう。この場合、部屋の瑞に2つの椅子を少し離して置きます。先生の言ったことが正しければ、YESの椅子ヘ、間違っていれば、NOの椅子まで走っていって座ります。早く座ったチームの得点となります。時折、熱中し過ぎて、椅子に座るときに争うことがありますので、怪我をしないよう充分注意して下さい。
  3. 広い場所があれば、椅子の代わりに教室の一方をYES, もう一方をNO にしてクラス全員で移動するのもおもしろいです。
  4. 単元の終わりの確認として、生徒のノートに○と×や、にこにこと泣き顔を記入してテストのようにしてもよいでしょう。得点や結果を気にする生徒がいる場合や、低学年、自信のない生徒のいるクラスには、にこにこと泣き顔を8コずつ描いた用紙を用意しておき、その紙に、おはじきやポーカーチップを置いてテストらしくなくするとよいでしょう。どちらの場合も先生は、出題内容と答えをメモしておき、答え合わせのときに利用します。8問出題し、1つ間違えれば90点、2つ間違えれば80点とします。
  5. 高学年や中学生には、テキストの内容やストーリーを聞かせた後の理解度のチェックにも利用できます。Yes/Noの代わりに、True/False にするとより高度な感じがします。