リスニングのビンゴゲーム 2010/05/15

遊び方

  1. 生徒は絵カード9枚を表にして、机の上に縦3列、横3列に並べます。
  2. 先生は同じセットのカードを手に持ち、その中から1枚選んでコールします。生徒はこれを聞いて自分の絵カードを裏返します。先生は選んだカードを生徒全員に見せ、生徒は裏返したカードがあっているかを確認します。
  3. このように続けてコールしていき、裏返したカードが縦、横、斜めのいずれか一列に3枚並んだら、生徒は「ビンゴ」と言います。先生は裏になったカードがコールされたものかを確認します。
  4. 残りが2枚になるまで続けます。裏になったカードが何列できたかを全員が数えます。2列できれば、2点となります。数が導入済みであれば、数え終わったら、先生は一人ずつに点数を聞いていきます。生徒は英語で数を答えます。一番最初にビンゴになった生徒は2点を加算します。これで1ゲームが終わりです。
  5. これを2、3回繰り返し、合計点で勝敗を決めます。

注意

先生が絵カードをコールするときは、生徒の注意を充分引き付けておいてから、1度だけ大きな声でコールします。生徒は自分の耳で聞いたことをたよりにして、カードを裏返します。注意散漫で聞いていない生徒がいたときや、聞き取れなかったときはもう一度コールします。ほぼ全員がカードを裏返した後に、絵カードを見せて生徒に確認させます。その後、次の絵カードをコールします。

応用

  1. 絵カードを10枚から14、5枚使って上記の3×3のビンゴをします。生徒は手持ちのカードから9枚を選び、縦横3列に並べ、同じように遊びます。生徒それぞれが選んだカードが違うので、先生がコールしたカードが必ずしも裏返せるとは限らず、基本のビンゴとは違ったおもしろさがあります。
  2. 16枚の絵カードで4×4ビンゴ、25枚の絵カードで5×5ビンゴもできます。この場合も残りのカードが2枚になるまでコールします。
  3. 絵カードの代わりにアルファベットカード、数字カードなどでも遊べます。文字学習が進んだクラスには単語を書いたカード使ってもよいでしょう。