単語作りゲーム 2010/05/15

準備

  1. 出題する単語のリストを作ります。生徒の知っている単語の中から選び、同じ文字を2回使うもの(例: rabbit, carrot, apple)は避けます。その季節や行事にちなんだものもよいでしょう。
  2. 黒板から少し離れた所に、テーブルをチームの数だけ置きます。アルファベットカードをテーブルの上に表を上にして並べます。
  3. テーブルから少し離れた所に、生徒をチームに分けて一列に並ばせます。各チームの人数は同じでなくても構いません。

遊び方

  1. 先生は黒板に単語を一つ書きます。
  2. 先生の合図で一番の生徒は、テーブルまで行き、黒板の単語の中のアルファベットを一つだけ選んでテーブルの上から探し出し、それを持って黒板の所へ行き、見えるように立てかけます。カードにマグネットシートがついていれば、はります。次の走者とタッチした後、列の最後尾につきます。
  3. 次の走者も、同じようにします。このように先生の書いた単語と同じものをアルファベットカードを使って作ります。
  4. 早く完成させたチームが得点をもらいます。何回か単語を変えて行い総合の得点を競います。

注意

 

応用

  1. 小さい部屋ではカードを並べたテーブルを囲んで生徒が立ち、単語を作るためのアルファベットカードをさがし出すだけでもよいでしょう。
  2. 生徒各自がアルファベットカードを1セット持っている場合は、リレーでなく、全員が同時にプレイし、誰が早く正確に単語を作れるかを見ることができます。
  3. 先生が黒板に書く文字を大文字にし、生徒が使うアルファベットカードを小文字にすると少し難しくなり、大文字と小文字を関連させる練習になります。もちろん反対に、小文字を黒板に書き、大文字のカードを選ぶようにしても遊べます。