英単語ビンゴゲーム 2010/05/15

準備

  1. 先生は生徒に読ませたい単語を12〜15個選び、黒板に書きます。あらかじめ文字カードを用意して、マグネットではりつけてもよいでしょう。
  2. 全員で読みます。
  3. 生徒はノートに縦横3ますずつ、大きめで、横長のますを9個作ります。ここに黒板の単語の中から、9個を選び、好きなますに書き写します。どの単語を選ぶかは生徒に任せます。

遊び方

  1. ビンゴゲームの要領で、生徒は交代で単語をコールします。他の生徒はコールされた単語に印をし(鉛筆で×や○をつけるか、おはじきなどを置くなど)、先生はコールされた単語を黒板上で印を付けて、生徒が確認できるようにします。
  2. 順番に続けていき、縦、横、斜めのいずれか3枚が続けてコールされた生徒は「ビンゴ」と言います。正しく印が付けられているかを確認し、ゲームを続けます。
  3. コールされていない単語が、3、4語になつたら終了の合図を先生がして、終わります。
  4. いくつビンゴになったか数えます。最初にビンゴになった生徒には2点が加算されます。

注意

 

応用

  1. 読むのがまだあまり得意でないクラスには、黒板には単語を9つ書き、どの単語がコールされても、自分のノートに印を付けられるようにする方が、生徒の混乱や不安が少ないでしょう。
  2. 読むことが上手なクラスや、時間に余裕があるときは、16ますや25ますのビンゴゲームでも遊べます。
  3. 生徒が一生懸命にノートに書いた単語に鉛筆で×や○をつけてしまい、1度しか使わないのはもったいないと思う場合は、ポーカーチップやおはじきを使うと何度でも遊べます。おはじきのかわりにカラー工作用紙を2センチ角くらいに切ったものを使うと、軽いので持ち運びに便利です。