フォニックスのビンゴゲーム 2010/05/15

準備

  1. フォニックスのサウンドを復習します。
  2. 生徒はアルファベットカードの中から25枚を、縦横5枚ずつ表にして並べます。どのカードを残すかは生徒が決めます。

遊び方

  1. 先生はアルファベットカードを手に持ち、一枚選び、サウンドを出します。例えば選んだカードがBのときは[b], [b], [b] と言います。生徒はそのサウンドをもつアルファベットカードBを裏がえします。全員が裏返した頃、先生はカードを見せ、生徒は正しいカードを裏返したかを自身で確認します。
  2. このようにして続け、縦、横、斜めのいずれか5枚が一列に裏返しになったら生徒は「ビンゴ」と言います。先生は正しいカードが裏返しにされているかを確認します。
  3. 次々とコールし、先生の手持ちのカードが2枚になるまで続けます。生徒の残りのカードが何かを確認します。
  4. 何列ビンゴになったかを競います。最初にビンゴになった生徒は2点プラスされます。

注意

  1. [k]がコールされたときは、kとcの2枚を裏返してもよいでしょう。
  2. サウンドが定着しないうちは、コールのときにサウンドの他にその音で始まる単語をヒントとして言う方が分かりやすいです。

応用

生徒がサウンドを出せるようになったクラスでは、先生の代わりに生徒が交代でコールします。