フォニックスのサウンド 2010/05/15

遊び方

  1. 先生は生徒の知っている単語を発音します。その単語がどの文字で始まっているかを考えて、生徒は挙手をして言います。
  2. 別の単語を出題します。

注意

応用

  1. 生徒を2つのチームに分けてお互いに間題を出しあいます。出題するときに単語がなかなか思い付かないようでしたら、ピクチャーディクショナリーなどを使うとよいでしょう。
  2. 先生がたくさんの絵カードを重ねて持ち、一番上から一枚取り一人の生徒に見せ、その生徒が発音します。次の生徒がどの文字で始まっているかを答えます。今度はこの生徒が単語を発音して出題し、次々に続けていきます。
  3. 絵カードをテーブルの上に並べて、かるたとりの要領で遊んでもおもしろいでしょう。
  4. 上記の遊び方は、答えが一つしかありません。先生がサウンドを出し、子どもがそのサウンドで始まっている単語をいろいろ考えて発表するのも別の楽しさがあります。