フォニックスのすごろく 2 2010/05/15

準備

  1. アルファベットカードでサウンドをさっと復習します。
  2. カードをテーブルの上に渦巻状に時計回りに並べます。渦の外側がスタートで、中心がゴールです。こまをスタート地点におきます。

遊び方

  1. 生徒はさいころを振り、出た目の数だけ進みます。止まったところのアルファベットカードのサウンドを言います。c,gや母音でサウンドが2つある場合はどちらかでよいでしょう。その文字で始まる単語を言います。vのカードだとすればサウンドは[v]で、単語は violin のようになります。
  2. 次の番の生徒も同じようにして、早くゴールまで達した生徒が勝ちです。一人ゴールした時点でゲーム終了です。ゴールに近い順に順位をつけます。

注意

  1. ゴールの際は、ぴったりの数が出なくてもゴールに達すればあがりです。ゴール付近で何回もさいころを振ってぴったりの数が出るまで遊んでいるとゲームがだれてきます。遊びたりないようなら、カードを並べ直して、あるいは、そのままで、新たにスタートします。
  2. 全員がゴールするまで遊びたいのが生徒の気持ちですが、ゴールした生徒が退屈するので、一人ゴールした時点で終わりにし、もう一度始める方がよいようです。

応用

  1. こまを進めるときに通過する全てのカードを発音させる方法もあります。言えないカードがあるときは、言えなかったカードの1つ手前で止まります。
  2. ポストイットにLose your turn. Go back two spaces. Go three spaces ahead. のような指示を書いてカードにはりつけてもよいでしょう。