フォニックスのサウンドの神経衰弱 2010/05/15

準備

  1. サウンドと単語カードを復習します。
  2. テーブルの左半分に絵カードをよくきって、伏せて並べます。右半分にはアルファベットカードを伏せて並べます。もし、アルファベットカードと単語カードの大きさや色が違っていて、裏返したときにどちらが絵カードで、どちらが単語カードかが簡単に判別できるときは、両方を混ぜてテーブルに伏せて並べてもかまいません。

遊び方

  1. トランプの神経衰弱の要領で、最初の生徒は絵カードをl枚、アルファベットカードを1枚、表に返します。どちらのカードも声に出して言います。絵とアルファベットが合えば(例:appleの絵カードと、Aのカード)その生徒のカードになります。合わなけば、その場所に伏せます。
  2. 次の順番の生徒も同じようにしてカードを2枚選んで、裏返します。テーブルのカードがなくなるまで続けます。
  3. 多くのカードを取った生徒が勝ちです。先生はHow many pairs have you got?ときき、生徒は、Three pairs. のように答えます。

注意

トランプ遊びの神経衰弱は、2枚のカードがマッチしたときは、同じプレーヤーがもう一度カードを裏返すチャンスを与えられますが、このゲームでは、次の生徒がプレイします。

応用

(とくにありません)