点数カードゲーム 2010/05/15

準備

  1. トランプ20枚くらいを伏せて机の上に並べます。このトランプの数字が点数となりますので、低学年の場合は、点数の計算がしやすいように、Aから10までのカードを使う方がよいでしょう。
  2. 次に、生徒に言わせたい単語の絵カード20枚をトランプの上に絵を表にしてのせます。絵カードをトランプの上にのせるのを生徒にやらせると速く準備ができます。

遊び方

  1. 最初の生徒は机の上の絵カードを一つ選び、発音します。正しく発音したらその絵カードと、下にあるトランプを手に取ります。トランプの数字が点数になります。
  2. 順番に同じことを繰り返していきます。
  3. 何回か続け、机の上のカードがなくなるか、少なくなって全員が選べなくなったら終わりです。つまり、20枚のカードを使って4人で遊ぶと、一人5枚のカードを選べるわけですが、5人で遊ぶと4枚になります。同じ20枚で、3人で遊ぶと一人で6枚のカードが選べ、2枚が余りとなります。この場合2枚のカードが残った時点でゲームが終わりになります。
  4. 最後に手元のトランプの数字を合計して得点を計算します。先生はHow many points have you got?のように全員に質問し、生徒は英語で点数を言います。得点の多い生徒の勝ちです。

注意

 

応用

  1. 絵カードを置くときに、絵を下にして見えないようにして選ばせるのもよいでしよう。この場合は選んだカードが英語で言えなかったら、点数はもらえません。再び裏にして、元の場所に置き、次の生徒の番になります。この方法は、点数や結果を気にする生徒がいるクラスには向きません。
  2. 文字指導の進んだクラスには、絵カードと文字カードの両方を使ってペアで取らせるのもよいでしょう。
  3. 単語カードを使えば読みの練習になります。