Twin Dice 2010/05/15

準備

  1. さいころ1個を加工をします。ふったときに数でなく、色がでるように6色のいろ紙かシールをはります。
  2. テーブルの上にさいころと同じ色の紙を置き、その上にカードを置きます。カードは6つに分けて、重ねて置き、6つのカードの山をつくります。色のさいころの目が、カードのどの山に対応するかがわかるようにします。

遊び方

  1. 生徒は順番にさいころを2つ振ります。色のさいころは黄色が、数のさいころは6が出たとします。生徒は黄色のカードの山から6枚を取り、英語で言います。全部言えれば、言えたカードが自分のものになります。
  2. このようにして順番にさいころを振り、出た目に従ってカードを取り英語で答えていきます。
  3. 一定時間が過ぎるか、何周かしたら終了し、点数を数えます。

注意

 

応用

読みの学習が進んだクラスには、数字をスペルアウトしたさいころを用意して使うと、1から6までの数字の読みの練習になります。このさいころは他のすごろくにも使用できるので一つ作っておくと便利です。