すごろく 2010/05/15

準備

復習したい絵カードを表向きにしてテープルの上に渦巻状に時計回りに並べます。渦の外側がスタート、中心がゴールとなります。こまを最初のカードの外側に置きます。

遊び方

  1. じゃんけんか選び歌などで一番の生徒を決めます。時計回りで順番に遊びます。
  2. 生徒はさいころを振り、出た目の数だけ進みます。止まったところの絵カードを英語で言います。もし、正しく発音できなかったら元の場所に戻ります。
  3. 次の順番の生徒も同じようにして、早くゴールまで達した生徒が勝ちです。ゴールインした生徒がでたらゲームは終わりです。ゴールに近い順に順位をつけます。

注意

  1. このゲームは、全員がすっかり覚えてしまったカードばかりでなく、分からないカードや自信のないカードが何枚かある方がおもしろくなります。生徒が言えなかったカードは、その場で他の生徒か先生が発音し、クラス全員でリピートして学習しながらゲームを進めます。
  2. ゴールの際は、ぴったりの数がでなくてもゴールに達すればあがりです。ゴール付近で何回もさいころを振って、ぴったりの数がでるまで遊んでいるとゲームがだれてきます。遊び足りないような雰囲気のときは、カードを並べ直して、あるいは、そのままで、新たにスタートします。
  3. 全員がゴールするまで遊びたいのが生徒の気持ちですが、ゴールした生徒が退屈するので、一人ゴールした時点で終わりにし、もう一度始めた方がよいようです。

応用

  1. こまを進めるときに通過する全てのカードを発音させる方法もあります。言えなかったカードの所で止まります。
  2. 大きめのポストイットにLose youf turn. Go back two spaces. Go three spaces ahead. などの指示を書いて絵カードにはりつけてもよいでしょう。
  3. 学習の進んだクラスや、中学生には、絵カードの代わりに質問を書いたカードを使ってもよいでしょう。質問に正しくフルセンテンスで答えればこまを進めます。間違いがあったときは、出た数の半分だけこまを進めるなどのルールを決めておくとよいでしょう。