Toss Game 2010/05/15

準備

絵カードを復習し、床の上に表にして間隔をおいて並べます。

遊び方

  1. 最初のプレーヤーは持ってカードから少し離れたところに立ちます。
  2. 生徒はお手玉を絵カードの上にのるように投げます。のったカードを英語で言います。言えれば点数を黒板などに記録します。
  3. 次のプレーヤーと交代して続けます。何周かしたら終了し、合計点を数えます。

注意

  1. 絵カードと生徒の立つ位置は背の高さによって遠くしたり、近くしたりします。生徒の立つ位置をひもやビニールテープなどで印をして明らかにしておくとよいでしょう。
  2. ポーカーチップはころがりやすいので、ねらいを定めて投げても思ったところにいかないのがこのゲームのおもしろさですが、低学年はポーカーチップの代わりにお手玉や輪投げを使うと、カードの上にのる確率が高くなり、生徒が満足感を味わえます。

応用

  1. +10や-5のように点数を書いたカードを何枚か用意して、ボーナス点、またはマイナス点とするのもおもしろいです。
  2. 輪投げのようなリング状のものを使う場合には、輪投げの的になる背の高いもの(不要の500mlのペットボトルに水を入れたもので代用できます)を絵のあいだに立てて置き、これに入ったらボーナス点やキャンディーなどをもらえるというのも子どもが喜びます。
  3. 文字学習の進んだクラスには、絵カードといっしょに単語カードもまぜておき、単語が読めたら高得点を与えるようにすることもできます。