さいころゲーム 2010/05/15

準備

さいころと絵カードまたは、質問のカードなど、復習したいことのカードを50枚くらい(4人くらいまでなら、1セットでいいと思います。)カードをテーブルの真ん中に重ねて置きます。

遊び方

  1. 生徒はさいころを振って、出た目の数だけカードを取り英語で言います。(質問のカードの場合は先生が質問文を読みます。)英語で言えれば(質問に答えられれば)カードはその生徒が得点代わりにもらいます。言えなかったカードは、重ねた一番下に入れます。
  2. このように順番におこないます。最後にカードの枚数を数え、多い生徒が勝ちます。

注意

カードを生徒に渡さずに、おはじきやポーカーチップなどを得点として渡してもいいでしょう。答えたカードは山の下に戻せば、くり返し使えるのでカードの数が少なくても遊べます。

応用

  1. 簡単なゲームですが、効率よくいろいろなカテゴリーの復習ができます。カードがカテゴリー別に分かれていれば、カテゴリー別の山をいくつか作ってもよいです。
  2. さいころで6が出れば、好きなカードの山から6枚取ってもよいし、2枚ずつ3種類のカードを取ってもよい、どのカードを選ぶかは生徒にまかせるということにします。カードさえあればすぐにできて、ゲームの終りの時間も自由になるのでとてもよいゲームです。