Clapping Game 2010/05/15

準備

  1. カードを生徒一人に一枚ずつ配ります。先生も一枚持ちます。
  2. 丸くなって立つか、床または椅子に座ります。それぞれのカードを、相手から見やすいように自分の前に置きます。
  3. 誰がどのカードを持っているかを皆で確認します。一人ずつ発音させていくとよいでしょう。

遊び方

  1. 0ne, two, three, go.のかけ声のあと、全員で1、2のリズムで、2回手を叩きます。その後、先生は自分のカードをコールします。そのときに両手を軽く握り、親指を立て、左手の親指を外に向けて突き出します。その後すぐに、生徒のカードの中の一枚を、間をおかずにコールします。今度はコールしながら、右手の親指を外に向かって突き出します。このとき、生徒も全員この動作をします。1、2、3、4の4拍子でリズムにのって調子よく、留まらずにおこないます。
  2. 先生からコールされた生徒は1、2で手を叩いている間にコールする相手を決め、3のリズムのときに、自分のアルファベットを、4のときには、決めた相手のアルファベットをコールします。
  3. このようにして次々と進めていきます。慣れないうちはゆっくりと進め、やり方がわかったら次第に速くします。最初は手の動きだけを練習するとよいでしょう。
  4. コールされても気づかなかったり、考えていてリズムを崩してしまったときはアウトとなり罰チップを与えます。アウトになった生徒から始めます。
  5. 何回か繰り返し、その後手持ちのカードを取り替えて遊びます。

注意

  1. ゲームに償れないうちは先生も一緒に遊びますが、慣れたらゲームから抜けて、見ているだけでよいでしょう。かなり集中カを要するゲームなので、先生は生徒の疲労度やゲームの進行状態などに注意します。また、発音の出来ていないのはどれかを見ることも大切な仕事です。
  2. 手の動きをしない生徒がときどきいますので、必ず全員が手を叩き、親指を突き出すようにします。
  3. 集中攻撃(一人の生徒だけを皆でコールすること)や、2人だけでやり取りして他の生徒をコールしないことなどを禁止事項にしておきます。

応用

アルファベットの他に、数字、色、その他の音節の少ない単語なら遊べます。