スピーキングビンゴゲーム 2010/05/15

準備

カードを表向きに縦3列、横3列に並べます。先生も確認のため、黒板か教卓などにカードを同じように並べます。

遊び方

 

  1. 初めの生徒は、自分のカードの中から1枚を聞こえるようにコールし、裏にします。他の生徒も自分の絵カードを裏にします。正しいカードを返したかを生徒達が自分で確認するため、先生はコールされたカードを生徒に見せて裏にします。生徒が考える時間を与えるため、生徒より早く裏返さないようにします。
  2. 次の順番の生徒がコールします。自分のカードが早くビンゴになるにはどのカードをコールしたらよいかを考えてカードを選び、コールします。
  3. このようにして進め、縦、横、斜めのどれか1列が3枚並んで裏返しになったらその生徒は「ビンゴ」と言います。先生はその生徒のカードを表にして、コールされたものかどうかを自分のカードと照らし合わせて確認します。
  4. 裏がえしにしていないカードが2枚残るまでゲームを続けます。どのカードが残ったかを全員の分確認します。間違ったカードを裏返した場合は得点はもらえません。
  5. 各自が何列ビンゴなったかを数えます。その数が得点です。先生は各自の得点を聞いていき、生徒は、数が導入済みであれば、英語で数を答えます。最初にビンゴになった生徒は2点加算されます。これで1ゲーム終了です。2ゲーム目の順番は終わった生徒の次から始めます。時間があれば3ゲーム目をやります。
  6. 合計点を計算して勝敗を決めます。

 

注意

 

  1. 自分の得点を忘れてしまう生徒がいるクラスでは、おはじきやポーカーチップなどを得点の数だけわたすとよいでしょう。
  2. 生徒がコールしたいカードを英語で言えないときなどは、状況に応じて手助けしてください。

 

応用

カードの数を増やしたり、単語カードでも遊べます。詳しくはリスニングのアクティビティーのビンゴゲームのページを参考にしてください。