Matching Game 2010/05/15

準備

  1. 透明なケースの中にほぼ同じ大きさの白い紙を入れます。これで両面にカードを入れられるようになります。
  2. 表面に生徒に言わせたい単語の絵カードを入れます。裏にはA〜Iとa〜iのカードを1枚ずつ入れておきます。
  3. テーブルの左半分に大文字の入ったカードを、右半分に小文字の入ったカードを並べます。生徒に言わせたい絵の方を表にします。単語を復習して、わからない単語がないようにしておきます。

遊び方

 

  1. 順番に生徒は左側の単語の中から1枚選んで発音し、裏返してアルファベットの面を出します。
  2. 次に同じ生徒が、今度は右側の単語の中から1枚選び発音します。両方カードの裏のアルファベットがマッチすれば、(Aとa、Bとbのように)そのカードはその生徒のチームのものになります。マッチしなければ、もとのように、絵カードの面が見えるようにします。
  3. 次の順番の生徒がカードを選びます。このようにして、カードがなくなるまで順番に続けます。たくさんのカードを得たチームが勝ちとなります。

注意

  1. トランプの神経衰弱のように、カードがマッチしたときに、もうl枚別のカードを裏返すチャンスを与えることは避けたほうがよいでしょう。記憶力のよい生徒が多くのカードを取るようになり、得点が片寄ってしまい、他の生徒がやる気を失うことになりかねません。
  2. 大文字と小文字の学習がすんでいないクラスには、大文字2組を使ってもよいし、文字が全く導入されていなければ、数字をマッチさせます。

応用

(とくにありません)