Grid Game 2010/05/15

準備

  1. 点数用のカードを20枚作ります。厚紙にマーカーなどを使い、裏にしみでないように書きます。これにマグネットをはり黒板にはりつくようにします。数字の書いてある側にマグネットをはり、黒板にはったときに点数が見えないようにします。
  2. 復習したい単語やアルファベットのカードを9枚用意します。これを黒板の上の方に横に5枚並べてはります。残りの4枚を今度は黒板の左側に縦一列にはります。表の縦軸と横軸のようになります。
  3. 表の中身の部分になる点数をはります。横列の一番上の段に5枚の点数のカードをはります。先ほどはったカードの真下にくるようにします。点数の高低は、はる位置とは関係なくします。
  4. 今度は、横列の二段目に点数のカードをはります。このようにして20枚はります。授業中に準備するときは、生徒に色塗りや、アルフアベットの練習、あるいは単語の書写などの作業をさせるとよいでしょう。

遊び方

  1. 最初の生徒は縦のカードを一枚と、横のカードを一枚選び、"b and t”のように言います。先生は縦軸のbと、横軸のt の交差したところの点数のカードをはずして全員に見せます。この数字がその生徒の得点です。
  2. 次の番の生徒も同じように2枚選び、点数をもらいます。このようにして順番に続け、合計点を競います。

注意

プレーヤーやチームの数が点数カードの数で割り切れないときは(20枚の点数カードで3チームなど)何周かプレイした後、半端なカードは残して終わりにします。

応用

普通の単語の他、特に注目したい発音のb, v, g, z, l, m, n や、数字(13/30 14/40 などの間違いやすいもの)、覚えにくい単語などを練習するのにも有効です。