リスニングの指導とアクティビティー 2004年6月20日

1. リスニングの指導について

  • 子どもの英語指導では、リスニングの力をつけることがとても大切。リスニングの力をつけておくと将来英語力が伸びると言われている。
  • コミュニケーションとしての英語習得にはリスニングの力をつけておくことが不可欠。相手の言っていることが理解できなければ、会話が成り立たない。話せない。
  • 子どもでも入門期に早く発話させると日本語の音で代用してしまい、英語らしい音が身につかない。たくさん聞いてから発話すれば、英語独特の音が出せるようになる子も多くいる。
  • テレビゲームがはやりだしてから、よく考えないで答えを言う生徒の存在に気付くようになった。
  • テレビ番組の中には、出演者の話した内容に日本語の字幕を付けたり、矢印をしたりして、目からの刺激に重点を置いている。視覚の刺激に素早く反応する子どもも多いようだ。
  • 最近クラスで、突然友だち髪の毛を引っぱる子がいた。よく考えればしてはいけないようなことを衝動的にする子どもの存在が目立つようになっている。
  • なにかを見て危険を察知するのは本来人間として備わっている能力で、聴いて物事を判断するのは高度なことであるように思う。クラスでは意識してリスニングのアクティビティーを行ない、訓練することでリスニングが伸びていくのではないだろうか。
  • 教室では耳からの情報だけで行動をする活動を多くして、聴覚を育てることをしてはどうか。
  • 視覚刺激優位型と聴覚刺激優位型について

    「目からの刺激は子どもの直感を育てるが、耳からの刺激は論理的な思考を育てる。耳を使えるように育てれば筋道を考える傾向が増し、それが落ち着きにつながる。”聞く力”をつけることが学習力の基礎ではないかと考えるようになった。」 (資料「地域新聞 千葉北版」2002年8月22日、2004年5月28日、6月18日付 子育て支援局 学習力とはなにか 担当 言語聴覚士 吉田浩滋氏)

  • 子どものリスニング用に作られた教材は非常に少ない。特別の教材を使わなくても、クラスでの普通の活動の中で、指導者が意識して行なえばリスニングの力をつけることができると思う。教室では耳からの情報だけで行動をする活動を多くして、聴覚を育てるようにしてはどうか。
  • よく似た発音の単語をセットで聞かせ、今の単語は1か2かという質問でなく、同じか、違うかという質問をするほうがよい。
  • 子どもの発達しようとする能力、未開発な力を英語クラスで伸ばすようにしてはどうか。ゲームを選ぶときに、その年齢で発達する能力を使うゲームをすると喜んで遊ぶのではないか。ジャンプする能力は2歳、バランスをとる能力は4歳くらいで発達するなど、子どもの発達の段階を知っておき、レッスンに組み込むとよい。
  • 歌は繰り替えして聞いても飽きない、楽しい、しかも後に残るので、音声のインプットには大変有効である。

2. Activities

2.1 子どもが一言も発せずに遊べるインプット用のゲーム

  •  Point to the Card
  •  Yes No Games
    1.  黒板にYES/NOのゴールを書いてスポンジのボールを投げる
    2.  うちわでYES/NOのゴールに向かって紙風船をあおぐ(広い場所用)
    3.  部屋の右と左をYES/NOにし、正しい方に走って移動する
    4.  にこにこ顔と泣き顔のペープサートを使う
  •  Listening Bingo Game
  •  Toss Game
  •  Monster Game 絵を見ながら、先生のヒントを聞いてどのモンスターかをあてる。e.g. It has two noses. It has three legs. 三単現のSのインプットと同時に、身体の部分と数を聞き取る練習になる。入門期と3年目の両方のクラスで年齢に関係なく子どもが最近楽しんでいるゲーム。
  •  Put the color chip on … 
    おはじきを言われた動物の絵の上に置く。
  •  Number one is a ship/sheep.
    番号をふった絵を見て先生の言う文章が正しいかを判断する。

2.2 その他のゲーム

  • The Body Parts Drawing Game
    さいころ、紙と筆記具を使って身体を完成させるすごろく
  • 単語作りゲーム
    部屋にたくさんはってある絵を集め、裏に書いてあるアルファベットで単語を作る。

3. 歌を使ったリスニングの指導例

  • A Spider in the Bathroom(The Music Boxより, Pearson Education)
    ヒントを与え聞き取った内容をメモする、絵を描く
  • Twelve Months (Let's Sing Togetherより, アプリコット)
    歌を聴いて自分の誕生日が聞こえたら立つ
    Word Mixed Up
    トランプを使って12ヶ月を順不同に早く言う練習をする
  • The Hot Dog Song (Children's Jazz Chants Old and Newより, Oxford U.P.)
    歌を聞いて絵を描く、歌を聞いて絵を指さす